出産後の歯科検診も大事です

“そんなこと言われても2時間おきの授乳やおむつ交換でフラフラ。とても歯を磨いているヒマなんてありません!”って声が聞こえそうです。
たしかにそうですね。お母さんにとっては赤ちゃん優先で自分のことは後回しになりがちです。でも、こういう話をご存じですか?

赤ちゃんのむし歯菌は実は大人からもらったもの

生後間もない赤ちゃんの口にはむし歯菌や歯周病菌はいないのに、なぜか歯がはえてしばらくすると見つかるようになります。どうやら同じお箸やスプーンで食べさせたり、チュッとしたりで大人から伝染するらしいです。
えっ!じゃやめよう…と思ったお母さん。そうではありません。お母さんのむし歯菌や歯周病菌を撲滅すればいいのです。

妊産婦検診で虫歯や歯周病が見つかったけれど十分な治療ができなかった方やレントゲン検査が受けられなかった方、なんとなく歯が弱ったように感じられる方はもちろんですが、なにも気にならなくても、歯がはえる前のできるだけ早い時期に、産後の歯科検診をうけましょう。

もう伝染してしまったかも…

大丈夫です。お子さんのばい菌を増やさなければいいんです。むし歯の多いお母さんからはむし歯の多い子供さんが育ちやすいと言われています。これは歯の強さなど遺伝の部分もありますが、多くはお母さんの生活習慣を受け継ぐためです。だからお母さんが歯に良い習慣を身につければ、お子さんの歯を守ることにもなるんです。

検診を受けてしっかり治すだけでなく、この機会に歯ブラシや食生活の指導をうけて、むし歯菌や歯周病菌が増えないような習慣も身につけましょう。

ただし、産後1ヶ月くらいまでは緊張の強い時期ですので、治療中の症状が増したり痛みが長引くこともあります。まず産婦人科の産後1ヶ月健診で“ふつうの生活に戻っていいですよ”と言われたら歯科検診も受け、体調や気分によって治療内容や取りかかりの時期を相談しましょう。そのとき授乳中かどうかも忘れずに伝えましょう。
それまでは、忙しくても毎日時間を決めて歯磨きしてみてください。
里帰り中はかかりつけの歯科医院を受診できないかもしれませんが、健診だけでも受けておけば安心ですね。