矯正歯科では、いわゆる歯並びやかみ合せが悪いと思われる状態を歯を移動させることにより改善します。その結果、より良い歯並びとかみ合わせを作ることができ、顔全体の見た目も良くなります。
歯列矯正は、子供だけでなく成人になっても行うことができます。また、いわゆる歯周病を改善する一手段としても使われます。

矯正装置としては

1) 入れ歯のように取り外しのできるプラスチック製の床矯正装置
プラスチック製の床矯正装置

2) 歯の裏側にワイヤーを固定する舌側矯正装置
舌側矯正装置

3) 歯の表側に器具を接着剤でつけて、細いワイヤーを通すマルチブラケット矯正装置
マルチブラケット矯正装置

Q&A

学校の健診で不正咬合といわれた。

かみ合わせが悪い状態(不正咬合)としては、

などがあります。これらは成長とともに状態が悪化する傾向にあり、心理的にも影響を与える場合があります。学校歯科医またはかかりつけの歯科医院でご相談ください。

子供が八重歯になった。矯正治療を始めたい。

八重歯

八重歯とは、上あごの犬歯が外へ飛び出したまま生えている歯並びの状態を言います。八重歯がかわいいとされた時代もありましたが、現在ではあまり受け入れられません。犬歯は、より良いかみ合わせを保つために、とても重要な役割を果たす歯なのです。したがって、歯並びの中で犬歯の正常な位置を確保することは、非常に大切なことと考えられています。八重歯を治す方法としては、マルチブラケット矯正装置がよく使われます。また永久歯の抜歯を必要とするケースもありますので、歯科医師とよく相談の上治療を始めてください。