健康に関するあれこれ

わが国の歯科保健行政について

わが国の歯科保健行政、1947年(昭和22年)、保健所法に歯科保健に関する事項が

定められて本格的に開始した。その後は、1994年(平成6年)に成立した地域保健法において、保健所、保健センターや歯科保健行政の業務が規定されている。 学校歯科保健による就学時健診(6歳)が導入され、更なる小児の歯科保健の向上の為、3歳児歯科健康診査が開始されました。
その後、3歳児歯科健康診査の段階では、歯科健康診査は、遅すぎると評価され、更に、1歳6ヶ月児歯科健康診査が追加され、今日に至っています。
6歳、3歳、1歳6ヶ月の段階で健診を行って、保健活動を行っているわけで、そのような時代の流れがあります。

◆おもな歯科保険施策

年 次 おもな施策
1928年 ムシ歯予防デー(6月4日)が定められる
1947 保健所法
1948 厚生省医務局に歯科衛生課設置
歯科衛生士制度創設
1952 第1回母と子のよい歯のコンクール(以後,毎年実施)
1957 第1回歯科疾患実態調査(以後,6年ごとに実施)
1958 歯の衛生週間(6月4日〜10日)始まる
1961 3歳児歯科健康審査,へき地歯科巡回診察事業
1964 母子歯科保健指導要領作成
1966 フッ化物歯面局所塗布実施要領作成
1968 歯周疾患予防のための保健指導要領作成
1977 1歳6ヶ月児歯科健康診査
1980 第1回全国歯科保健大会(以後,毎年実施)
1983 老人保健調査事業(歯科)開始
1988 在宅寝たきり老人歯科保健推進事業開始
1989 歯科衛生士の業務に歯科保健指導を追加
1990 幼児期における歯科保健指導の手引き作成
保健所における歯科保健業務指針作成
1991 成人歯科保健対策推進事業開始
1992 8020運動推進対策事業開始
訪問口腔衛生指導開始
歯周疾患予防モデル事業開始(老人保健事業第3次計画)
1993 8020運動推進支援事業を開始
在宅心身障害(児)者の歯科保健推進事業開始
1994 地域保健法施行
世界口腔保健学術大会開催
1995 学校保健法施行規則一部改正
1999 感染症の予防および感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症新法)施行
2000 介護保険制度を開始
健康日本21(歯の健康)を開始