健康に関するあれこれ

歯周病

健康な歯肉

  • 歯肉の色はピンク
  • キュッとひきしまっている
  • 歯と歯の間はとがった三角形
  • ステップリングというみかんの皮のような小さい穴がたくさんあいていることがある
[図1]健康歯肉
[図1]健康歯肉
[図2]
[図2]

1.歯周病とは?

ひと昔前は、歯槽膿漏と呼ばれていましたが、現在は、歯周病とか歯周疾患といわれます。
歯周病とは、字のごとく、細菌の塊である歯垢によって引き起こされる歯周組織(歯ぐき)におこる病気で、歯肉に初発して、骨などを破壊していきます。 歯肉は赤く腫れ、歯を取り囲んでいる骨は徐々に溶けてしまいます。この病気は、きわめて慢性の経過をたどるため、発見が遅れやすく、末期的な症状になってから受診する事が多いようです。

2.歯周病の原因

歯周病もむし歯と同様に複数の原因が重なり合って起こります。口の中の状況、食生活、生活環境、全身の健康状態などが複雑にかかわり発生・進行していきます。
歯周病の局所的原因は、歯周ポケット周囲に停滞するプラーク(歯垢しこう)です。プラーク中に生息する細菌は、食物残渣を分解し、歯肉の炎症を誘発する有害物を産生します。また、内毒素や酵素を有するため、歯槽骨まで炎症が進み,骨の吸収を起こします。

[図3]プラーク

[図3]プラーク

[図4]歯石

[図4]歯石


3.歯周病の症状

初期では歯肉が赤くなったり、膨らんで丸みを帯びたりしてきます。歯を磨くと出血することもあります。病気が進行すると、徐々に、骨が溶けていきますが、それほど自覚症状はありません。骨の吸収がどんどん進むと、歯がぐらついたり、浮いた感じがしたり、痛くて噛めない、歯ぐきが腫れてくる、血や膿が出るなどの症状が出てきます。また、口臭もひどくなります。

[図5]
[図5]歯肉炎
歯ぐきが赤く、ブヨブヨになってはれてきます。出血が見られることもあります。きちんとプラークコントロールができれば、ほとんどの歯肉炎は治ります。
[図5]初期の歯周炎
歯周ポケットができ、歯を支える骨も破壊されます。歯肉がはれてきます。

[図5]中期の歯周炎
歯を支える骨が破壊され、少し動くようになります。出血がみられるだけでなく、膿も出るため、口臭もひどくなります。
[図5]重症の歯周炎
歯を支える骨がほとんどなく、ぐらぐらになって噛めなくなります。口臭もひどく、歯周ポケットの細菌は、歯ぐきの細胞を通り抜け、血流に入り込むようになります。

[図6]歯肉炎

[図6]歯肉炎

[図7]中期の歯周炎

[図7]中期の歯周炎


こんなときは要注意!!

  • 白い汚れ(プラーク)や歯石がついている
  • 歯肉の色が、赤みがかりブヨブヨしてきた
  • 歯を磨いたり、食物をかじったりすると歯ぐきから出血する
  • 歯と歯の間に物が詰まりやすい
  • 冷たいものがしみるようになってきた
  • 歯ぐきが下がって歯が伸びたようになってきた
  • 歯がぐらつく
  • 時々歯ぐきが腫れて、押すと膿が出る
  • 口の中がネバネバする
  • 口臭がする
[図8]歯ぐきの出血

[図8]歯茎の出血

[図9]腫れ

[図9]腫れ


4.歯周病の治療法

初期の歯周病では、ブラッシングを徹底し、歯石を取り除きます。歯周病は歯と歯ぐきの間にある歯周ポケットが、病気が進むにつれ、徐々に深くなっていきます。初期の治療だけではよくならない場合は、そのポケットの歯根の表面を滑らかにしたり、ポケットを掻爬したりしていきます。これらの処置だけでもある程度進んだ歯周病も大分回復します。それ以上進行した場合でも、さまざまな処置がありますので、「くれぐれも抜くしかないだろうからもう少し放置しよう」などと自分で判断せずに早めに主治医と相談してください。

喫煙と歯周病

日本では成人男性の約59%、女性では14.8%、平均し36.2%の方が喫煙者であるという新聞記事がありました。この比率は他の先進諸国のものを大きく上回る数字でわが国の特徴ともいえます。
喫煙の習慣は健康を害する可能性が高く、さまざまな病気の発症と関係しており、また喫煙はがんの原因の約30%を占めるとも言われ、口腔がん、喉頭がん、肺がん、胃がん、肝臓がんなど多くのがんにかかる危険性が高まります。近年急増している肺がん死亡数は胃がんを抜き、がん死亡の中で首位となっています。しかし、歯科の疾患、とくに歯を失う大きな原因の歯周病とも関連があることは、意外と知られていないようです。 タバコにはニコチン、タール、一酸化炭素、シアン化物をはじめとする2,000種類以上の潜在的な有害物質が含まれております。それらの物質が肺や心臓に害を与えるように、歯の周りの組織(歯周組織)にも悪い影響を及ぼすことになるのです。

歯周病Q&A

歯周病は、大人の病気?

歯周病は、加齢とともにそのリスクは高まりますが、高齢になっても健康な歯ぐきを保っている人も多くいます。その反面、最近は若い世代でも増加傾向にあります。 歯周病予防は、若いうちから必要です。歯ぐきの健康診断を定期的に受け、自分の歯ぐきの状態を常に把握し、管理をし続けることが必要です。

[図11]若年性歯周炎

[図12]若年性歯周炎

歯茎に症状のある人の割合(H11年度)

思春期に歯肉炎?

10~15 歳頃の子供から大人になる心身の激しい変動の時期を思春期と呼びます。 この時期にお口の中の清掃不良が主因となり、ホルモンの変調により歯肉炎の進行が促進されることがあります。これを、思春期性歯肉炎と呼びます。
お口の中の清掃を徹底し、プラークコントロールにより容易に治癒します。

口臭が気になります。歯周病でしょうか?

口臭は、自分自身で感じることもありますが、人から指摘されて始めて気がつくこともあります。口臭の原因は、全身的な問題と、お口の中に問題がある場合があります。 全身的な原因としては、蓄膿症・咽喉炎・気管支炎などの呼吸器疾患、食道や胃などの消化器疾患、糖尿病などが挙げられます。
お口の中の原因としては、清掃が行き届いていなかったり、歯周病で歯周ポケットに膿がたまったりしていることなどが挙げられます。
いずれの場合でも、適切な治療を進めるとともに、歯磨きをきちんとして、お口を清潔に保つことが大切です。

むし歯がないのに歯がしみるのはなぜ?

「冷たいものを食べたり飲んだりすると歯がしみる。」「歯磨きのとき、歯ブラシが当たるとしみる。」歯周病などで歯肉が下がり、歯の内面の象牙質がむき出しになり、刺激が神経に伝わってしみるような痛みを感じます。これが知覚過敏です。しかし、普段は痛みがないためそのまま放置されることが多いのですが、歯磨きのとき痛みを伴うため、磨くのが苦痛になってきます。その結果、歯垢をきれいに取れなくなり、歯周病を招く原因となります。早めに歯科医院で適切なアドバイス・処置を受けましょう。

歯ぐきが腫れたけど膿が出て腫れもひいた・・・治った?

歯ぐきが腫れても薬を飲めば、またはそのまま放置しても膿が出て、腫れもひけば痛みもなくなり、なんとなく治ったように思われます。しかし実際は急性症状が治まっただけ。放置すると、腫れを繰り返すだけでなく、益々悪化する一方です。
早めに根本的な治療を受けましょう。

[図13]

[図13]

[図14]

[図14]


歯周病にかかったら、歯を抜くしかないのですか?

以前は、歯周病の研究がそれほど進んでいなかったため、歯周病になると抜歯ということも多々ありましたが、現在では、治療法も確立され、以前よりずっと歯を残せるようになりました。それでも進行した状態では、抜かざるを得ないことも多いのが現状です。なるべく早い段階で治療をしたほうが簡単な処置で済みます。その為にも定期健診を受けましょう。

妊婦は歯が弱くなる?

よく、「妊婦は胎児にカルシウムをとられる」とか「出産すると歯が弱くなる」と言われます。妊婦がむし歯や歯周病になりやすいのは事実ですが、子供に栄養を取られるからではありません。妊娠すると内分泌機能が変化して唾液のPHが下がり、プラークがつきやすくなります。また、つわりで歯を磨くのがおっくうになることも原因です。いつもの歯ブラシより小さめのものを使い、嘔吐感を避けるように工夫して磨きましょう。

[図15]妊娠性歯肉炎

[図15]妊娠性歯肉炎

早産になる危険性がアップ!?

妊娠するとホルモンの影響で歯周病になりやすく、それが母体内の赤ちゃんに感染することが知られています。さらに、近年、妊娠中の歯周病が早産の原因にもなることがアメリカで報告されました。
歯周病菌が血管内に進入して、早産や低体重児出産を引き起こす可能性は50% 以上にもなるというレポートもあります。これは飲酒や高齢出産より高い確率です。
ただし、歯周病は、早期に治療すれば危険なものではないため、妊娠したらまず歯科医院を訪ねるのが一番。

歯周病の予防法はありますか?

歯周病は、いろいろな原因が重なって起こりますが、最大の原因はむし歯と同じプラーク(歯垢)です。毎日歯磨きをして、プラーク(歯垢)や歯石が着かないように歯と歯肉を常に清潔にしておきましょう。また、歯周病は、体の病気も原因になることがあるため、健康にも気をつけましょう。定期的な歯医者さんでの歯ぐきのチェックも忘れずに!


[図1・図3・図4・図6・図7・図11]
  歯周病をなおそう  鴨井久一、沼部幸博 著  砂書房
[図2]
 日本歯科医師会雑誌第55巻7号 平成14年10月10日発行<付録>
 歯っぴいスマイルVOL.10  日本歯科医師会 著
[図5・図15]
 命を狙う口の中のバイキン  奥田克爾 著  一世出版
[図8・図9・図10・図13・図14]
 かかりつけ歯科医対応 主訴・症状別病態写真シート「か初診」算定用病態写真集
 鴨井久一、沼部幸博、川村浩樹 著  クインテッセンス出版株式会社
[図12]
 県民歯の健康プラン  富山県 著