富山市歯科医師会について

会長挨拶

100343_01.jpg 

  富山市歯科医師会
 会長 中道 勇

 

会員を代表して一言ご挨拶を申し上げます。私は、平成29年7月に富山市歯科医師会の第18代会長に就任しました。 かつて、 第15代高石会長のもとで専務理事を6年努めて参りましたが、今度は会長として頑張っていく所存であります。

 富山市歯科医師会は、大正10年に13名の会員によって設立され、96年の歴史があります。本会は、富山市を区域とし、その区域内において就業所を有する歯科医師で構成されており、会員数は200名を超える規模になりました。医道の高揚と歯科医学の進歩発展と公衆衛生の普及向上を図り、社会福祉と会員の福利の増進に寄与することを目的として、8常任委員会を中心にさまざまな事業を行っています。富山市歯科医師会の沿革については、古い写真や資料を掲載しましたので、ぜひ一度覗いていただければ幸いであります。

 本ホームぺージ上では、富山市歯科医師会が行っている事業はもちろんのこと、会員が協力している1歳6カ月児健康診査、3歳児健康診査、フッ化物塗布、学校におけるフッ化物洗口、妊婦歯科健診や40・50・60・70歳の歯周疾患検診、健康づくり推進事業(「富山市健康プラン21」のうち、歯の健康の推進)など富山市の保健事業についても解説しています。なお、富山市においても、富山県が平成25年9月に施行した「歯と口腔の健康づくり推進条例」の作成に参画した経験を活かし、 「歯と口腔の健康づくり推進条例」を制定すべく尽力したいと思っております。

 歯科医療を取り巻く環境が複雑化・多様化してい中、厚生労働省や日本歯科医師会が中心になって展開しております「8020運動」(80歳になっても自分の歯を20本以上保とうという運動)を進めるためホ−ムペ−ジ上に「かかりつけ歯科医マップ」を掲載しております。マップを利用され、1年に2〜3回、「かかりつけ歯科医」のもとで、う蝕(むし歯)や歯周病(歯槽膿漏)の検診を受けて、治療していただくことにより、歯が長く保たれ、 健康寿命が伸びるとともに要介護にもなりにくくなります。 そして、医療費の節約にもつながります。 かかりつけ歯科医マップでご近所の歯科医院をご確認ください。歯科医師名や診療日・時間等の詳しい診療情報もご覧いただけるようになっております。

 歯科の病気や知識に対しては「健康に関するあれこれ」で解説しております。また、休日歯が痛くなった時にどこで治療が受けられるか、事業所歯科健診を実施したい時にどこへ申し込めばいいか、障害者や寝たきり者の診療についても説明してありますので、ご活用ください。また、医療関連や行政関連のリンク集も用意しました。