歯科治療終了後も生涯健康な口腔を維持するために、定期的に歯科医院でメインテナンスする必要があります。
むし歯は削って詰めれば終わりではありません。その部分はむし歯になりやすい環境だったので、治療後も以前と同じブラッシングではまたむし歯になってしまいます。歯にかぶせても境目からむし歯になる事があります。むし歯を早期発見すれば早期治療ができ、痛みも無くて治療期間も短く済みます。歯周病も歯石を取れば終わりではなく、ほっておくとまた着きます。定期的なリコ-ルによって口腔内診査をしてプラ-クコントロ-ルの不備を指摘してもらう事が大切です。定期健診でむし歯や歯周病を早期発見し治療を受けられる様に「かかりつけ歯科医」を持ちましょう。お口の健康は健やかな生活につながります。

Q&A

どの位の間隔で歯科を受診したらいいですか?

口腔内の状態によりますが、1〜6ケ月間隔です。
内科的疾患があれば、間隔を短くする必要があると思われます。

最近食事をしていると、歯と歯の間に物がつまるのですがどうしてでしょうか?

むし歯や歯周病になっている可能性がありますので、すぐに歯科受診をお勧めします。

入れ歯を入れた後はどうすればいいですか?

部分入れ歯の場合、失った歯の分を残った歯が補うので、残った歯が悪くなる危険があります。又部分入れ歯でも総入れ歯でも長い間にあごの土手もやせてきますから5,6ヶ月経つとがたつく様になる事があります。残った歯の状態と入れ歯のがたつきのチェックが定期的に必要です。
そのためにも「かかりつけ歯科医」を持ちましょう。

メインテナンスと定期的な受診(リコール)の重要性

定期的な受診(リコール)をした結果