口の中には300種以上の細菌がいます。細菌はむし歯を作ったり、歯周病を起こしたりし、又全身の病気にも関わっているといわれています。
細菌は歯周病の原因ですが、歯周病は早産や低体重児出産を起こす事があります。 その他に細菌が直接的・間接的に関係する病気には、誤嚥性肺炎・敗血症・細菌性心内膜炎・心筋炎・動脈硬化・糖尿病・皮膚炎・腎炎・リウマチ性関節炎・骨粗鬆症などがあります。

私たちは多くの細菌にさらされています。それらを食べて殺してくれる白血球や免疫による生体防御機構が、私たちを守ります。しかし免疫がうまく働かなかったり、糖尿病などになると白血球の働きが弱くなります。さらに老化や精神的覇気がなくなると免疫系の連係が不良になって弱い細菌にも私たちの身体は負けてしまいます。このように細菌と戦う能力のなくなった人を、易感染性宿主といいます。私たちは老化で免疫防御機能が弱くなっていく事を知っておかなければなりません。

高齢者の直接の死因で最も多いのが肺炎です。その原因が口の中に潜伏しています。私たちは寝ている時にも唾液などを飲み込む嚥下(エンゲ)反射が起きています。その時に細菌が胃に入れば問題ありませんが、高齢者の嚥下反射は低下していて、知らないうちに気管支や肺に入り込んでしまうため誤嚥(ゴエン)が起きます。高齢者の肺炎の多くは誤嚥性肺炎です。肺へ流れ込む細菌が多すぎたり、食物や胃液が逆流して肺に入ると防御作用を発揮できず重篤な肺炎となり命を奪われてしまいます。高齢者の肺炎の予防に最も大切な事は脳血管障害などの疾患や寝たきりにならない事ですが、そのためにも口の中の原因菌を減らすことが大切です。寝る前に口の中をきれいにすることは、高齢者の肺炎予防の決め手といえます。

Q&A

妊娠したら歯科に行った方がいいですか?

元気な赤ちゃんを出産するためにも歯科医に相談して下さい。

高齢者の口をきれいにすると、どんな良い事が有りますか?

  • 発熱することが少なくなります。
  • 肺炎を起こす細菌が少なくなります。
  • 風邪をひきにくくなります。
  • 口臭がなくなり、社会性の回復になります。

命を狙う口の中のバイキン

[図5]

[図6]

細菌から体を守る プラークコントロール

お口の細菌が肺の病気に関係します。

[図7]

お口から気管を通って肺に入りこんだ細菌が、肺炎を引きおこすことがあります。
わたしたちの体は、食物を飲みこむときには気管にフタ(喉頭蓋)をし、気管や肺へ異物が入るのを防ぐ仕組みになっています。この反射が低下するお年寄りに、多く起こります。

お口の細菌が血管系の病気に関係します。

[図8]

動脈硬化症や冠動脈疾患…その原因のひとつは、お口の中の細菌です。
血液中に入りこんだ歯周病原菌が血管壁に感染すると、防御反応により作られたメディエーターが動脈壁の硬化を起します。また、歯周病原菌の作用で血小板が塊となり、心冠動脈につまることもあります。

お口の細菌が心臓の病気に関係します。

[図9]

お口の中の細菌が血管を通って心臓の内膜に住み着き、炎症を起すことがあります。 心臓の弁に障害がある、人工弁を入れているなど、血液の流れがスムーズでない人に多く起こります。

お口の細菌が糖尿病に関係します。

[図10]

お口の細菌が原因で作られた物質が、糖尿病に影響を与えます。 血液中に流れこんだお口の中の細菌はTNFαという物質を作ります。 このTNFαは、インシュリンが血糖中の糖の濃度をコントロールするはたらきを阻害します。

お口の細菌が低体重出産に関係します。

[図11]

お口の細菌が原因で作られた物質が、低体重出産に影響を与えます。 歯周病原菌の成分である内毒素が免疫担当細胞を刺激し、プロスタグランディンやTNFαという物質を作り出します。これらの物質が低体重出産の原因のひとつとなるのです。

[図1]〜[図6] 命を狙う口の中のバイキン 奥田克爾 著 一世出版
[図7]〜[図11] 細菌から体を守るプラークコントロール 山田了 著 永末書店