小児歯科では、全ての乳歯が永久歯に生え変わり、永久歯の歯並び及びかみ合わせがほぼできあがるまでを受け持ちます。そして、小児歯科の役割はむし歯の予防と治療はもとより、口としての本来の働きが十分にできるようになるための手助けをすることです。具体的には、咀嚼・発音の正常な発育、かみ合わせの正常な発育、顔やあごの正常な発育を促すことです。専門的には、矯正歯科と重複するところがあります。富山市内には、小児歯科専門、矯正歯科専門の歯科医院があります。また、一般的な歯科医院にても実施されていますので、ご相談ください。

こどもの歯の治療Q&A

フッ素塗布は、いつごろからどのようにすればよいですか?

フッ素(フッ化物)は、歯の表面のエナメル質に取り込まれて歯の構造を強化します。 また口の中が虫歯を作りやすい環境にならないようにコントロールします。フッ素の塗布は、歯が生え始めてから半年毎に行うと良いとされています。一部の小学校では、フッ素洗口を実施して効果をあげています。また、最近ではフッ素入りの歯磨き剤も多く市販されています。
詳しくは、かかりつけの歯科医院または保健所でおたずねください。

子供が前歯をぶつけて折った。

歯が折れた(かけた)場合、歯の破片を拾って歯科医院へ持参してください。残っている歯と接着させることができます。歯が根っこからぬけてしまった場合は、できるかぎり早く抜けた歯を歯科医院へ持参してください。元へもどす(再植)ことが可能です。いずれの場合も、歯を乾燥させないでください。ラップに包むか又は牛乳につけておくのも良い方法です。

永久歯が生えてきたのに乳歯が抜けかわらない。永久歯の生えてきた位置がおかしい。

乳歯がまだ抜けかわらないうちに永久歯がその横から生えてくることはよくあります。特に下あごの前歯は永久歯が乳歯の内側から生えてきて、歯並びを心配される方が多いようです。そのような場合でも大抵は異常なくおさまりますが、歯の生え変わりの時期はむし歯の有無などに関係なく定期的に健診をうけてください。異常があれば、早期に適切な処置をしていくことが大切です。

 

親にむし歯が多い場合、子供もなりやすいですか?

必ずしもそうとは言えません。
しかし、むし歯の原因となるミュータンス菌などが親から子供へ伝播する可能性は充分にあります。また、歯周病の原因菌についても同様です。専門家は、親の口の中の健康管理が子供の口の中の状態に影響を及ぼす場合があると考えています。したがって、育児担当者となる可能性の高い女性の場合は、妊娠以前から口の中の健康を維持または回復しておく必要があると思われます。

シーラントってなんですか?

奥歯には、もともと深い溝がありむし歯ができやすい構造になっています。生えたての歯などがむし歯になる前に、この溝へ樹脂製のつめものをすると汚れが入らなくなりむし歯になりにくくなります。その樹脂製のつめものをシーラントとよんでいます。シーラントをした場合は、定期的に歯科医院へ通っていただきシーラントの下でむし歯が発生していないか、或いはシーラントがはずれていないかチェックしてもらうことが大切です。