歯の外傷

<歯が抜けてしまった場合>

  1. 抜けた歯を探す。根の部分を指で触らない。持つ時はロの中に出ている部分(歯冠部)を持つ。
  2. 抜けた歯をすすぐのは生理食塩水か水で数秒間、軽く汚れを落とす程度にし、絶対にゴシゴシこすらないこと。歯の周りには歯根膜という線維組織があって、歯を歯ぐきやその下の骨につなぐ役目をしています。こすったり、水に長時間さらしてしまうとこの膜がはがれてしまうので注意が必要です。
  3. 抜けた歯を乾燥させないように牛乳中に入れて直ちに歯科医へ行きましょう。(できたら30分以内)。
    まだ、歯が歯肉に残っていてぐらぐらしている場合は、抜かずにそっと指で押して元の位置に戻し、そのまま歯科医へ行きましょう。

その他の病気

粘液嚢胞

間違って、唇を噛んでしまった後 など、唇の小さな唾液腺が漏れだして、粘膜の下で風船のように膨らんだのです。唇や、頬粘膜などに良くできます。

上唇小帯異常

上唇小帯が過度に肥厚している場合。 永久歯の前歯が離開してしまうことがあります。